今後重視されているDX人材とは?メソッドと育成のポイント

働き方改革
業務効率改善

最近注目されているDX人材について、見聞きした経験のある方も多いのではないでしょうか?

実際に、大手企業をはじめ多くの企業がDX人材の雇用をしようとしています。

そして、多くの企業がDX人材の雇用や育成に成功しているとはいえないのが現状です。

この記事では、DX人材はどのようなものかを解説したうえで、企業がどのようにDXを導入し人材を育成できるかを解説します。

この記事の目次


DX人材とは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、IT技術を活用して、人々の生活をよりよくするものという概念のことです。
ビジネスで用いられる際には、インターネットやAIなどの先端技術によって、イノベーションを作り出したり、飛躍的に業務効率を高めたりすることを意味します。
DXは、IT化やデジタル化と混同されがちですが、これらは大きく異なります。 DXでは単にテクノロジーを導入するだけではなく、
技術をどのように生かしてビジネスモデルの変化や経営改革を実現できるか、という点に重きを置いているためです。
定義の理解が正確性を欠いたままだと、DX人材の活用はうまくいきません。 DX人材とは、自社にDXの概念を導入して、経営モデルの変化や技術革新を実現できる人材のことを指します。

DX人材に求められる3つの役割

DXは、概念的なものであるため正確に理解するのは難しいかもしれません。
この章では、とらえ方の難しいDX人材に関しての理解に役立てていただけるよう、DX人材に求められる役割を3点具体的に解説します。

2-1.働き方の積極的変革

DXのゴールである「変革」「イノベーション」を実現するためには、IT技術に長けているだけでは不十分であり、働き方に変革を与えるというマインドセットが必要です。
「現状を大きく変える」 「新たな価値を創造する」 といった価値観や目的意識がなければ、どのようなスキルを身につけていたとしてもDXを実現するのは困難でしょう。

2-2.社内がもつ課題の発見

DXの醍醐味は、社内の課題や弱点を解決することです。 従って、 「社内にどのような課題があるのか?」 「変革をおこなうためには、社内のどの部分を変更すればよいのか?」
などの、課題を発見する役割が要求されます。

2-3.他部署とのリソースの調整

問題解決やイノベーションのためには、個人単独の能力だけではなく、
他部署の人材などを巻き込んだり協力して業務を進めたりする力が不可欠です。
結局のところ、DXを実現するための指揮・管理を担うという意味で、リーダーとしての全体を指揮していく役割が求められます。

DX人材に必要とされるスキルとは?

前章で見たように、DX人材には管理職以上ともいえるほど、重要な役割・責務を担います。
さらにDX人材の特徴的な面としては、DXを実現するための実務能力も要求される点です。 この章では、DX人材に要求される具体的なスキルについて解説します。

3-1.基本となるITスキル

DXがIT化やデジタル化と混同されることからもわかるとおり、DXのベースになっているのはIT技術です。
中でも、DXを実現するためには以下のスキル・知識を高いレベルで備えていることが要求されます。
・webやアプリケーションなどに関する基本的なITスキル
・ITセキュリティに関する知識や技術
・ネットワークに関する知識・技術
上記のような幅広くかつ専門的な知識を備えていることが要求されます。

3-2.テクノロジーの先端技術

技術の革新や社内体制の変革のためには、以下の先端技術の活用も大きなカギとなります。
・AI
・機械計算
・IoT
・ビッグデータ
これらの最先端の技術は、技術革新も早いためDX人材は常に最新の技術に関する知識が要求されます。
一人ですべてのスキルを備えるのは非常に困難であるため、上述の周囲のリソースを調整する能力が重要になります。

3-3.ビジネススキル・マネジメントスキル

DXスキルが社内外で存在感を発揮するには、社会人・ビジネスマンとしてのスキルや管理職としてのマネジメントスキルも要求されます。
また、ビジネススキルやマネジメントスキルの裏付けとなるような、ビジネス経験も大きな意味をもつでしょう。
ビジネススキルやマネジメントスキルの重要性は、DXスキルをITスキルと混同すると欠如しがちです。
そして、混同されがちだからこそ、多くの企業にてDX人材が採用できなかったり、DX化に失敗したりする事態が頻繁に起こっているといえます。

DX人材育成のために必要なこと

DX人材となりうる人材が社内や転職市場に存在していれば理想的ですが、理想的な人材を転職市場で見つけるのは難しいでしょう。
そこで企業に必要とされるのは、人材育成です。 極めて高度で多様なスキルが要求されるDX人材であっても、ポイントをうまくとらえて人材育成をおこなえば、社内で育てられます。
必要なポイントは以下の4点です。
・DX人材に必要なスキルを学べる環境を整える
→DXのポジションを用意して資格取得手当を設けたり、
スキル取得のための筋道を整えたりするなど、環境の整備・モチベーション管理の施策を実施。
・OJTや社外研修などリアルな経験も必要
→社外講師を招いた社内での研修や外部セミナーの参加など
・DX人材に育てるターゲットを定める
→DX人材は、誰もが目指せるポジションではないため、候補者の選定も重要。
・全社でDX人材育成の取り組みを可視化する
→DXを実現するには、DX人材だけではなく社内の多くの人材で同じ目標に向かって進むことが重要。
したがって、他のスタッフの協力・理解を得るためにも、DX人材育成の取り組みを可視化することが必要。
上記のように、DX育成は人事制度の見直しやブラッシュアップも含めて、全社的におこなっていく必要があります。

まとめ

注目度が非常に高まっているDXの取り組みは、決して簡単なことではありません。
単にAIやビッグデータの技術や知識を社内に導入するだけではなく、改革やイノベーションを目的として全社的に取り組む必要があるためです。
そのため、DX人材にも高度なスキルが要求されます。 求められるスキルの中には、ITスキルや最先端の技術に関するスキルだけではなく、ビジネススキルやマネジメントスキルまで含まれます。
要求されるレベルが高いからこそ、実現できたときに得られるものは非常におおきいでしょう。 先の見えない時代の中、グローバル経済を勝ち抜くためにも、本記事を参考にしていただけたら幸いです。
ビジネス向けSNS JANDI 新規登録無料
VWS勤怠 低価格で安心

VWSシリーズについてのご相談はこちらまで

ヒカリ電話

ヒカリ電話.com

コピー機・複合機

コピー機.com

ビジネスフォン

ビジネスフォン.com

ホームページ制作

ホームページドットコム

法人携帯

法人携帯ドットコム

電話回線手配

電話加入権ドットコム

機種変更

機種変更ドットコム

ビジネスの電話回線なら

おとくラインJP

企業のための総合支援サイト

ビマケ

株式会社ビジョンはジャパンハートの活動を支援しています

Japan Heart
Slider