スマホで見られるネットワークカメラ!活用方法と選び方を解説

ネットワークカメラ
スマホで見られるネットワークカメラ!活用方法と選び方を解説

休業中の店舗やオフィスを監視するのに便利なネットワークカメラ。
スマホからも見られるため、いつでもカメラから様子を見ることができます。
監視以外にもさまざまな活用方法が。

この記事ではネットワークカメラの活用方法と選び方を解説しています。
ネットを通してパソコンやスマホからカメラ映像を確認できるネットワークカメラ。
休業中の店舗やオフィスを監視するためにネットワークカメラを導入したいと考えている方もいるでしょう。

ネットワークカメラは監視以外にも活用方法があります。 上手に利用すればビジネスにもつながりますよ。
便利なネットワークカメラですが、選び方を間違えると全く役に立たないものを購入してしまうことになってしまいます。
そうならないように、しっかりポイントを押さえて商品を選びましょう。

この記事ではスマホで見られるネットワークカメラの活用方法や、選び方についてご説明していきます。

この記事の目次


ネットワークカメラとは?

ネットワークカメラは、撮影する画像をパソコンやスマホなどからリアルタイムで見られるカメラのことです。
インターネットでつながっているため、いつでもどこでも見ることができます。
よく似た言葉の「ウェブカメラ」と何が違うのか混乱する方もいるでしょう。

ウェブカメラはパソコンに接続して利用しますが、ネットワークカメラはそれ自体がIPアドレスを持ちます。
つまりパソコンと接続しなくても、カメラ単体で動作するのがネットワークカメラです。
画像を見るためにパソコンやスマホ・タブレットが必要ですが、撮影そのものはネットワークカメラがあれば可能です。

仕事で利用している方もいますが、
最近は留守中のペットの様子や離れて暮らす家族を見守るために設置する方もいます。
ネットワークカメラの接続方法は大きくわけて2つあります。

  • 1. 有線LANケーブルで接続
  • 2. WiFiなどルーターと接続

天井に設置することが多いネットワークカメラ。
近年はWiFiなどルーターと接続する製品が多く登場しています。

スマホで見られるネットワークカメラの活用方法

とても便利なネットワークカメラ。
どのような活用方法があるのでしょうか? 3つの活用方法をご紹介します。

2-1. 遠隔監視ができる

営業時間外や休業中の店舗・オフィスの様子をいつでも監視できます。
ほかにも一つの店舗だけでなく各店舗にネットワークカメラを設置すれば、
一箇所で多店舗のリアルアイム管理が可能に。

これによって各店舗に移動する時間やコストが削減できます。
特にコロナウイルス蔓延により感染予防対策が叫ばれる昨今。
あまり多くの店舗を行き来したくないですよね。

リスクを減らすためにもネットワークカメラは有用です。
またリアルタイムで各店舗の状況を確認できます。
混雑状況や接客に問題がないか常に監視できるため、顧客満足度向上につなげられます。

2-2. 遠隔地でのセミナーやイベントが可能に

ネットワークカメラの用途は監視だけではありません。
離れた場所からリアルタイムで視聴できる利点をいかして、イベントやセミナーのライブ配信ができます。
この活用方法のメリットは主催者と参加者の両方にあります。

まず主催者側のメリットは、密集・密接による感染リスクを回避できることです。
また会場を設営する必要がないため、コスト削減ができます。 参加者のメリットは移動する必要がないこと。
移動にかかる費用も宿泊費もいらないため、時間やコストが軽減可能です。

ある企業はネットワークカメラを利用した工場見学を開催しました。
見学者の安全を守りつつ、リアルタイムで作業を見られるため、満足度の高い見学会の提供ができます。
工夫次第でネットワークカメラでさまざまなイベントが開催できますよ。

2-3. 防犯カメラとしても役立つ

ネットワークカメラは監視以外にも防犯カメラとしての役割も大きいです。
事務所にある重要書類や機密情報など、離れた場所でもスマホから24時間監視できます。
画像をクラウドに保存しておけば、誰がいつ・何をしていたのか後から確認可能です。

またカメラが設置されていること自体が防犯にもなります。 クラウドに動画を保存する設定になっているのか、
そうでないのか内部の一部の人しかわかりません。
カメラがあるだけで、誰かから見られていると緊張感が高められ不正防止や防犯になります。

スマホで見れるネットワークカメラの選び方

企業や店舗だけでなく、
家庭用として需要が増えたこともあり、多くのメーカーがネットワークカメラを販売しています。
種類がたくさんありすぎて、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

ネットワークカメラを導入する時に注目すべきポイントについてお話しします。

3-1. 価格

ネットワークカメラの価格は1万円以下で買えるものから100万円以上するものまでさまざまです。
ただ値段が安いから品質が悪いわけではありません。
自分の利用用途に必要な機能が十分に備わっていれば、安い価格のものでも大丈夫です。

また最近はネットワークカメラをレンタルするサービスが提供されています。
何台も設置すると初期投資にまとまったお金が必要です。
しかしレンタルなら気軽に利用できます。

ネットワークカメラを導入したいが、購入するか迷っている方はレンタルの利用がおすすめです。

3-2. 機能性

どのネットワークカメラがいいか選ぶ時、必要な機能が備わっているかどうかが非常に大切です。
購入したけど画質が悪かったり、首振りができず一方向しか見られなかったりと役割を果たしてくれないものではいけません。
またどのような目的で利用したいかによって、必要な機能も変わります。

主に必要な機能は次の通りです。
  • ■上下左右の首振り(パン・チルト機能)
  • ■ズーム
  • ■暗視機能
  • ■ワイヤレス対応
  • ■スマホ対応
  • ■音声の入出力
  • ■防水機能

  • この他にも防犯カメラの役割も担わせたいのなら、クラウドに保存できる機能があるかも重要です。
    目的に合った機能があるか必ず確認しましょう。

    WiFiとセットでお得な「VWS Cam」がおすすめ!

 

  • スマホ対応のネットワークカメラを導入したいならレンタルできる「VWS Cam」がおすすめです!
    このネットワークカメラはカラーナイトビジョン機能が搭載されており、
    天気に左右されず夜もはっきり鮮やかな画像が見られます。 完全防水・防塵なため屋外でも問題なく利用できますよ。

    びっくりするのがその価格。 なんと月額550円/台で利用できます。
    さらにVWS WiFiとセットで契約すれば、WiFiのレンタル料金が、毎月550円割引になります。
    詳しく知りたい方はこちらの「VWS WIFIお問い合わせフォームお問い合わせフォーム」 へお問い合わせください。

  • VWS WiFi
  • 【VWSWIFI公式サイトはこちら】
  • まとめ

    非常に便利なインターネットカメラ。
    遠隔監視や防犯になるだけではなく、工夫すればイベントやセミナーにも活用できます。
    導入したくてもさまざまな種類のインターネットカメラが販売されているので、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

    どういう目的でインターネットカメラを利用したいのか考えた上で、必要な機能や価格を見て選びましょう。
    またレンタルする方法もあります。 安価で利用できるためとてもおすすめです!
    さまざまな選択肢があります。

    自分にとってどのインターネットカメラがいいのか、目的に合わせて考えてみてくださいね。
ビジネス向けSNS JANDI 新規登録無料
カンタン操作でラクラク運用 業務効率化・ペーパーレス化のタイムカード勤怠管理アプリ・VWS勤怠

VWSシリーズについてのご相談はこちらまで